セラピストの資格を取ろう|疲れた人の心を癒す
文房具

セラピストの資格を取ろう|疲れた人の心を癒す

全く不利にならない

メンズ

行政書士試験は国家試験なので受かるのはとても難しいですが、最近では独学で勉強して合格する人が増えています。大切なことは初心を忘れずにコツコツと勉強をすることなので、それができれば独学でも十分に合格することが可能です。

More...

介護系の国家資格を取得

介護

介護業界で働きたい時には介護福祉士の資格が便利です。そして、介護福祉士の資格を早期取得したい方は専門学校へ入れば最短取得が可能となります。そして、注意することは受験資格を得るための資格試験制度をよく知ることです。

More...

管理能力を証明する

スーツ姿の女性

さまざまな分野で活用できるプロジェクトマネジメントの資格。国家資格は情報技術分野に特化されていますが、保有者には弁理士や中小企業診断士の試験で科目免除が受けられるという特典があります。受験するには講習や研修を受ける必要があるもの、一定期間の実務経験を要するものがあり、注意が必要です。

More...

心と体をケアする仕事

カラーチャート

「色彩」を使います

人の心と体を癒やす仕事としてセラピストという仕事があります。世の中には様々アプローチ方法でセラピーを行う職業がありますが、その中でも「色彩」を使った「カラーセラピスト」というものがあります。色彩には人の心と体に何らかの効果をもたらすとされています。カラーセラピストはこれを利用し、カラーボトルやカードなどの専用の道具を使い、クライアントが選んだ色から性格や問題を見つけ出し、クライアントが抱える悩みや問題の解決を導き出します。カラーセラピストに関する資格は国家資格や公的資格ではなく、民間資格です。そのため、さまざまな団体からカラーセラピストの資格が実施されています。近年のカラーセラピーの知名度が上がっていることから、資格を取得する人が増えてきています。

仕事をするには

先にも言ったように、カラーセラピストは民間資格です。取得したからと言って、すぐに就職できるというものではなく、採用の際に有利になるというものでもありません。カラーセラピストとして活躍している人のほとんどは、個人でサロンを開業したり、カルチャー教室などで講師として活躍したりしています。また、介護施設などで高齢者にカラーセラピーを行ったり、医療機関で活躍しているケースもあります。習得した知識や技術は美容室やネイルサロン、アパレル、インテリア、飲食店など様々な企業で活用することも可能です。取得した資格を有効に活用するのは自分次第であるということです。