全く不利にならない|セラピストの資格を取ろう|疲れた人の心を癒す
レディ

セラピストの資格を取ろう|疲れた人の心を癒す

全く不利にならない

メンズ

試験科目を確認する

行政書士試験は1年に一度しか行われないので、その日に照準を合わせて試験勉強をする必要があります。試験科目は業務に関する法令等からと業務に関する一般知識等から出題されて、択一式問題と記述式問題という形式で出題されます。行政書士試験の特徴としては試験範囲がとても広いことで、それが受験生を悩ませています。法令等科目からは行政法を中心に憲法や民法など広範囲に渡って出題されますが、どの問題も難しく一筋縄では行きません。一般知識等の問題も政治や経済、文章理解など様々な箇所から出題されるので、様々な事柄を理解しなければ対応することはできません。だからと言って独学では受かるのは難しいと言う分けではなく、自宅で一人で勉強して合格している人が沢山います。

基礎力を身に付ける

行政書士試験の中で点数が高いのは記述式の問題なので、上手く文章が書けるように日頃から訓練をする必要があります。ただ大切なことは知識をしっかりと吸収することで、それによって自然と合格に結び付く文を書くことができるようになります。そのためにもできるだけ多くの条文を読んで、その意味するところを理解するように心掛けることが大切です。最近では独学で勉強して受かっている人が増えていますが、市販で売られている参考書の質はとても高いのでそれを使って勉強すれば受かるのも決して夢ではないです。行政書士は国家試験なので難易度は高いのですが、独学で勉強していては合格するのは難しいと言うことは一切ないです。問題は合格したいと言う強い信念を持つことで、それを忘れずに辛抱強く勉強することができれば独学でも合格できる可能性は高くなります。