管理能力を証明する|セラピストの資格を取ろう|疲れた人の心を癒す
レディ

セラピストの資格を取ろう|疲れた人の心を癒す

管理能力を証明する

スーツ姿の女性

プロジェクトを管理する

マネジメントに関する資格は幅広い分野で数多く存在しますが、その中にはプロジェクトのマネジメント能力について評価するものがあります。プロジェクトマネジメントは、ある目的で組まれたチームの目標達成のために、計画・企画の立案、人材や物資の確保、費用の見積り、作業の役割分担、スケジュールなどを調整し、活動全体を管理することです。資格制度を実施している団体では、これらを知識体系として策定し、試験でその理解度を問う形を取っています。プロジェクトマネジメントに関する資格には民間団体が実施しているものと、海外の団体が実施している国際資格があります。どちらも特定の分野に限定されず、さまざまな分野での活用ができるように汎用的な内容となっています。その他に、国家資格として独立行政法人が実施しているものがありますが、こちらのほうは情報技術分野を対象にした内容となっています。ただし、この資格を取得すると、弁理士や中小企業診断士の試験で科目免除が受けられます。

実践的な能力が問われます

プロジェクトマネジメントに関する資格を取得する際に注意しなければならないのは「受験要件」です。試験ではより実践的な能力が問われるわけですから、単に体系化された知識を暗記すればいいというわけではありません。そのため、受験要件として実施団体から指定の講習や研修を修了していることが条件として提示されている場合があります。それに加えて、特に国際資格については、プロジェクトを指揮・監督する立場での一定期間の実務経験が必要とされており、それを証明する書類も必要です。また、資格を取得した後も注意が必要です。資格維持のためには、数年ごとに更新の手続きが必要であったり、研修を受ける必要があったりする場合もあります。受験するときのハードルは少し高いですが、それだけに自分のマネジメント能力の高さをアピールすることができます。