介護系の国家資格を取得|セラピストの資格を取ろう|疲れた人の心を癒す
レディ

セラピストの資格を取ろう|疲れた人の心を癒す

介護系の国家資格を取得

介護

専門学校で早期取得

介護の仕事をしていきたいという時には、介護福祉士があると就職や実務で役立つことが多いです。そして、これからそんな介護福祉士を取得したい方は、専門学校で学習をすると短期間でその国家資格を取得することが可能になります。介護福祉士になるためのルートとしては、介護福祉施設で実務経験を数年間積んで受験資格を取得し、国家試験に合格する方法がありますが、その方法は最短の取得方法ではないです。それに対して介護福祉士を取得できる専門学校の場合は、最短で1〜2年ほどで取得することが出来ます。通常の実務経験を積む方法だと、最低でも約3年以上の実務経験が必要となりますので、それに比べると圧倒的に速く介護福祉士資格を得られます。早期取得を目指したい方は専門学校へ進むルートを選ぶのが良い方法です。

資格試験制度を知る

介護福祉士になるために実務経験を積みたいという方は、働く施設に注意が必要です。介護福祉士の資格試験では実務経験の範囲が定められており、そこに含まれない施設や事業所で働いてもカウントされません。よく確認をしないと数年間働いても、受験資格を得ることが出来なくなりますので確認をしておきましょう。確認については介護福祉士の国家試験を行っている試験センターの公式サイトでチェックできます。また、施設や事業所の他に職種にも注意です。例えば生活相談員などの相談援助をするような職種は、介護福祉士の受験資格では無いとされています。その他には資格試験制度改正にも注意で、最近は実務経験によって受験資格を得るためには3年以上の経験の他に実務者研修を受けなければ行けません。資格試験も度々制度改正しているのでそちらも合わせて確認する必要があります。